渋谷教育学園渋谷中学高等学校

基本情報
偏差値
男子 : 75
女子 : 76
学費
初年度 : 1,089,000円
年額 : 726,000円
区分
運営 : 私立
男女 : 共学
実質倍率
男子 : 365%
女子 : 520%
定員合計・進学率
163
,
入試日・入試教科
2/1
4科
進学実績
国立大学
東京大学
40人
国立大学
京都大学
7人
国立大学
北海道大学
1人
国立大学
東京工業大学
5人
国立大学
一橋大学
10人
国立大学
筑波大学
1人
国立大学
千葉大学
3人
進路実績 詳細
入試情報
カリキュラム
年度
受験者
科目
定員
合格者
倍率
出願期間
試験日
発表日
1回
2023
142
4
70
54
2.6
1/27
2/2
2023
270
4
70
57
4.7
1/27
2/2
2回
2023
455
4
70
149
3.1
1/27
2/2
2023
332
4
70
72
4.6
1/27
2/2
3回
2023
301
4
23
43
7
2/4
2/1
2023
275
4
23
23
12
2/4
2/1
帰国
2023
94
2
12
16
5.9
1/24
2/2
2023
113
2
12
31
3.6
1/24
2/2
詳細情報
住所
〒 東京都渋谷区渋谷1-21-18
電話番号
03-3400-6363
カリキュラム
渋渋では、皆さんの学びをさまざまな形でサポートしています。そのひとつが「シラバス」です。今の自分の学びがどこへつながるか、目指すものが何かを示した6年間の指針、学びの設計図にあたります。自らの目標設定に活用してください。 6年間を2学年ずつ3つのブロックに分けたカリキュラムと、独自の6ヵ年に渡る学習計画図「シラバス」が本校の教育の根幹です。シラバスは、各ブロックで学習面での「自調自考」を実践するサポートをしてくれます。
校風
3つの教育目標 21世紀の国際社会で活躍できる人間を育成するため「自調自考」の力を伸ばすことを根幹に、国際人としての資質を養う、高い倫理感を育てる、3つの教育目標を掲げています。
部活動
剣道 サッカー 柔道 卓球 ダンス テニス バスケットボール バトン バドミントン バレーボール ボクシング エクササイズ 野球 陸上 文化部 ESS Peer Tutoring 英語ディベート 演劇 お琴 合唱 競技かるた クイズ研究 軽音楽 コンピュータ 茶道 社会科研究 将棋・囲碁 吹奏楽 鉄道研究 美術 文芸 ボランティア 模擬国連 理科 料理 研究会・同好会 映画研究会 ジャグリング 水泳同好会 数学研究会 ドアノブ社(少年漫画誌) 討論同好会 ビジネスイノベーション 写真同好会 折り紙研究会 航空宇宙研究会
特色プログラム
少人数制教育が生きるカリキュラム編成 6年間を2学年ずつ3つのブロックに分けたカリキュラムと、独自の学習計画図「シラバス」が本校の教育の根幹です。シラバスは「何を学び、いま学んでいることは何につながるのか、いまは全体のどの辺りを学習しているのか」を理解するために活用されます。自分で目標を立て、授業の先取りに取り組むこともできますし、逆にわからなくなったときにわかるところまで自分で戻って学習することもできます。学習面での「自調自考」を実践するサポートをしてくれます。

渋谷教育学園渋谷中学高等学校は、東京都渋谷区に所在する男女共学の私立中学校および高等学校です。1996年に設立され、学校教育法人渋谷教育学園によって運営されています。”自調自考”(自分で調べ、自分で考える)を教育の基本理念としており、生徒たちが自立して考える力を身につけることを目指しています​​​​​​。

教育目標とカリキュラム

教育目標には、”自調自考”の他に、”高い倫理感”の育成や、”国際人としての資質を養う”ことが含まれます。学校は、国内外の大学進学を視野に入れた教育を提供し、生徒が世界で活躍できるような国際的な視点と能力を養います。特に海外の大学に進学する生徒も多く、国内高校別の海外大学合格者数で全国トップレベルに位置しています​​​​。

施設と環境

渋谷教育学園渋谷中学高等学校の校舎は、地上10階・地下2階の建物で、最先端の教育工学を取り入れた設計となっています。運動施設には、体育館や講堂兼用のメモリアルホールがありますが、屋外施設はテニスコート1面のみとなっています。そのため、部活動などで使用する登戸グラウンドや宿河原グラウンドは、多摩川河川敷に位置しています​​。

学校行事と部活動

学校行事には、入学式、健康診断、校外研修、スポーツフェスティバル、飛龍祭(学習発表会)、合唱コンクールなどがあり、生徒たちは年間を通じて多様な活動に参加します。また、部活動は運動部と文化部に分かれ、剣道、サッカー、柔道、バスケットボール、ESS(English Speaking Society)など多岐にわたる選択肢があります​​​​。

卒業生と進路

渋谷教育学園渋谷中学高等学校の卒業生は、国内外の名門大学への進学実績が高く、特に国際社会で活躍するための基盤を築く教育が評価されています。卒業生には、1968年メキシコオリンピックのバレーボール銀メダリストや、世界柔道選手権の金メダリスト、プロ将棋プレイヤーなど、様々な分野で活躍する人材が輩出されています​​。

まとめ

渋谷教育学園渋谷中学高等学校は、”自調自考”の精神を根幹に、生徒一人ひとりの自立した学習と個性を大切にする教育を行っています。国際社会で活躍するための資質を身につけさせることを目標とし、その実現のための充実したカリキュラムと環境を提供していることが特徴です。